2007年04月27日

いつでもどこでも「変わった子」

音楽の世界でもスポーツの世界でも一般社会でも…。
そしてセラピストの世界でも、いつでもどこでも私は「変わった存在」らしかったようです。

だから、自分の感覚(センス)がどのくらい、どんな感じでどのように違うか、と言うことをいつもすり合わせなくてはならず、自分のポジショニングがつかめるまでは、天地のない無重力の中に浮遊している感じでとても居心地が悪い思いをしていたように思います。(だから、分析癖がついたのかも知れません)

私の場合、例えば音を聞くとそれが「ド」や「レ」と言った文字を伴って聞こえてくるので、オーケストラの演奏会を聞きに行ったらもう大変です。何せ、様々な楽器がそれこそ縦横無尽に音をしゃべり続けるのですから…。また、そこには「色」が見え「光」があり「香り」があり、「温度」や「感触」、時には「味」さえ感じてしまうので、演奏会が終わった後にはもうぐったり、と言うことも珍しくありませんでした。

セラピーの世界でもそれは同じで、
軽く身体に触れると、「氷のような骨」「針金のようにキリキリした感じ」「にぶい」「熱い」「冷たい」「ブロックがある」などと言った感覚が立ち上がるのですが、ではその根拠は?と問われると、「ただそう感じるのです」「そう見えるのです」と言う他ありません。

クライアントの状態の良くないポイントに触れた時には、
こちらの身体も同じように痛みや不快な感覚を感じることも多いのですが、初めのうちこそ、どうして自分がそんな状態になるのかよくわからなかったものの、今となってはリアルタイムで感覚を共有出来る「強み」と思えるようになりました。

「共感覚」と言う言葉を知ったのは8年ほど前でしょうか、インターネットを始めてからのことでしたが、根拠のなさをいつも解明しようとしてきた私にとっては、それこそ「そう感じる根拠」が認められた気がして、とても嬉しく思ったものです。気分はそう…、赤鼻のトナカイのルドルフ君のよう、とでも言いましょうか。

25000人に1人の割合だそうですが、その変わった部分が誰かのお役に立てるのであれば、これほど嬉しく、またやりがいのあることはありません。

???S?@200?~40.GIF
five_.brown.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by lirico at 04:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ・ 共感覚
この記事へのコメント
こんにちは。初めまして。
わたしは、小さいときから言葉を聞くと色が思い浮かびます。小さいときに比べれば、その感覚は弱くなっていますが、今でも数字と曜日、アルファベット、音階、自分の名前にははっきりとした色が浮かびます。
わたしにとってはそれが当たり前なので、多くの人がそうではないとわかったときは、驚きました。しかし、親はわたしの感覚を認めてくれ、「おもしろい!」と興味を持ってくれました。また、共感覚という言葉を知ったとき、少なからず自分以外にそういう感覚を持っている人がいると知ったときは、嬉しくなりました。
もしかしたら、自分は脳に異常があるのかも・・・なんて考えたりもしますが、これを生かして、作者様のように何か人の役に立てたらいいなと思います。
作者様は、とても強い共感覚をお持ちなんですね。

これからも、お仕事がんばってください。

長文、乱文失礼しました。
Posted by Rin at 2008年07月06日 17:01
Rinさん

こんばんは。
そして、初めまして。

素晴らしいお父様とお母様をお持ちなんですね。
共感覚を「面白い」と受け入れてもらえることは、子供にとって、とても幸せなことですもの。

初めてピアノを教わった私の先生も、
とても大らかにあるがままの私を認めて育ててくださったので、
今の自分があると思っています。

今でも、頭の中が混線?してしまって収拾がつかなくなり、
困ってしまうことも多分にありますが、
それでも、この感覚が備わっていることを幸せに思っています。

また、同じような感覚の持ち主に出会うことがほとんどないので、
Rinさんからコメントを頂き、何だか心が温かくなりました。

共感覚にパターンはありません。
私はセラピストの世界と縁がありましたが、
Rinさんだからこそ出来ることって何でしょう?

見つかったらまたお知らせくださいね。
楽しみにしています。

Posted by lirico at 2008年07月06日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3849547
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック